東京十社,御朱印帳東京十社の始まりは明治元年(1968年)。皇居が東京に移り間もなく准勅祭社と定められたことにあります。准勅祭社というからには「勅祭社」に准ずるものということで、この勅祭社というのは祭礼に際して天皇により勅使が遣わされる神社のことです。当時は現在の10社に加え、府中の大国魂神社と埼玉県にある鷲宮神社が制定されいました。

 ガイドマップもあった?

今手元に東京十社の専用御朱印帳があります。これには御朱印をいただくスペースの見開きに各神社の簡単な由緒が書いてあるほか、東京十社についての説明と、古い雑誌から抜き出したと思われる記事のコピーが載っています。浅学非才の身ゆえ全部は読めないのですが、以下に解る分だけ書いてみます。(*はわからなかった字です)

此の東京十社は今度この地を皇居と定めいて東京鎮護万民の安寧と祈りたま****。勅使として植松少将様御参向、幣帛を奉られ准勅祭社と崇めたまひ月次臨時の御祈りなりて御玉串献上せし*たまひ、**多くも御拝礼あらせらるる。御神***卑しき***御敬神の御趣意をいただき、必恒*参詣*べざるなれば、撲去る十一月より一日十社巡拝、己に三度に及べり。同志の人路程を問う即此図を作りて示す。

己巳五月東京市隠五十九慎誌

東京十社専用御朱印帳の中の案内図

東京十社専用御朱印帳の中の案内図

最後の行にある「己巳五月」は干支(十干十二支)の「つちのとみ」あるいは「きし」の五月、20世紀の己巳は1869年、1929年、1989年なので、明治元年の翌年である1869年のことで、「東京市隠五十九慎誌」は雑誌のことだと思います。東京の名もなき市民によるガイドマップだったのでしょうか?(ここですでに大国魂神社と鷲宮神社が抜けているのが気になりますが)。
全ての距離が10里7丁と書いてあります。1里4キロ、1町110メートルとすると40.77キロ。マラソンくらいですね。
この案内図のとおりに芝神明から富岡八幡宮から時計まわりにgoogleマップではかると42.1キロと出ました(こっちの方がマラソンぽい)。明治元年ながら中々正確な案内図でした。
さて、鳴り物入りで制定されたこれらの准勅祭社も数年後には廃止されてしまったようです。そして准勅祭社を定めた制度も戦後無くなってしまいました。
そして東京十社が復活するのは昭和五十年(1975年)、昭和天皇即位50年を記念して関係社の間で制定されました。この制定の際に元准勅祭社12社のうち23区内に無い大国魂神社と鷲宮神社2社がはずれて東京十社となりました。

高速巡拝もできなくはないけれども

おおよその社務所が開いている午前9時から午後5時の間に十社回るのは電車を使えば可能だと思いますが、結構バタバタかもしれません。今の東京十社は、いずれも都内にありながら広い境内と立派な神殿を備え、文化財など見どころもたくさんあるので、2~3回にかけてゆっくり回ることをお勧めします。私は江戸三十三観音と関東三十六不動霊場も併せて回ったので、芝地域で一日とか、駒込地域で一日などのペースで廻りました。神社寺院も併せて町の雰囲気が色々違うので、その街ならではの雰囲気を堪能できます。
東京十社めぐりの専用御朱印帳はどこの神社でも取り扱っていて、ミニ絵馬も各神社に用意されています。神社オリジナルの御朱印帳や授与品も様々あります。
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

東京十社のミニ絵馬専用の台木も売られています

東京十社のミニ絵馬専用の台木も売られています

東京十社概要

社名ふりがな住所御祭神御祭神ふりがなご神徳公式サイト別名その他創建
品川神社龍がからむ鳥居とはちきれそうな笑顔の大黒様が出迎えてくれる品川神社しながわじんじゃ東京都品川区北品川3-7-15天比理乃命
素盞嗚尊
宇賀之売命
あめのひりのめのみこと
すさのおのみこと
うがのめのみこと
東海道品川宿鎮守1187
芝大神宮江戸時代は関東のお伊勢さま、明治時代に官許され「大神宮」となった芝大神宮しばだいじんぐう東京都港区芝大門1-12-7天照大御神
豊受大神
あまてらすおおみかみとようけのおおかみhttp://www.shibadaijingu.com/index.html芝神明
関東のお伊勢さま
1005
赤坂氷川神社荒川流域に多くみられる氷川信仰の神社のひとつ赤坂氷川神社あかさかひかわじんじゃ東京都港区赤坂6-10-12素盞嗚尊
奇稲田姫命
大己貴命(大黒主命)
すさのおのみこと
くしいなだひめのみこと
おおなむぢのみこと(おおくにぬしのみこと)
厄除け
良縁・縁結び
家内安全
商売繁盛
http://www.akasakahikawa.or.jp/951
富岡八幡宮ご神託により周囲を埋め立てて街ごと拓いた富岡八幡宮とみおかはちまんぐう東京都江東区富岡1丁目20番3号応神天皇
(誉田別命)
他8柱
おうじんてんのう
(ほんだわけのみこと)
開運
厄除け
事業反映
家内安全
航海交通安全
安産
学業成就
http://www.tomiokahachimangu.or.jp/深川の八幡さま末社として深川七福神の恵比寿社1627
日枝神社日枝神社の「ひえ」は比叡山のことだったひえじんしゃ東京都千代田区永田町2-10-5大山咋神おほやまくひのかみ厄除け
安産
縁結び
商売繁盛
社運隆昌
http://www.hiejinja.net/山王社,山王さん1478
神田神社江戸城の鬼門に建つ都心108町の氏神神田神社かんだじんじゃ東京都千代田区外神田2-16-2大己貴神(だいこく様)
少彦名命(えびす様)
平将門命(まさかど様)
おおなむちのみこと
すくなひこなのみこと
たいらのまさかどのみこと
家庭円満
夫婦和合
縁結び
商売繁盛
事業繁栄
除災厄除
病気平癒
開運招福
http://www.kandamyoujin.or.jp/神田明神江戸総鎮守
都心108町の総氏神
730
亀戸天神社亀戸天神社は学問の神様菅原道真をまつった下町の天神さまかめいどてんじんしゃ東京都江東区亀戸3丁目6番1号天満大神(菅原道真)
天菩日命
てんまだいじん
(すがわらのみちざね)
あめほのひのみこと
学問http://kameidotenjin.or.jp/亀戸天神
東宰府天満宮
亀戸宰府天満宮
亀戸天満宮
亀戸神社
1646
根津神社ヤマトタケルの時代まで遡ってはじまる根津神社ねづじんじゃ東京都文京区根津1-28-9須佐之男命
大山咋命,誉田別命
すさのおのみこと
おほやまくひのみこと
ほんだわけのみこと
http://www.nedujinja.or.jp/根津権現景行天皇の時代
白山神社白山神社のご祭神は和合、縁結びの女神はくさんじんじゃ東京都文京区白山5-31-26菊理姫命
伊弉諾命
伊弉冊命
くくりひめのみこと
いざなぎのみこと
いざなみのみこと
白山権現社
あじさい神社
948
王子神社王子神社は徳川将軍家祈願所で東京の北方守護おうじじんしゃ東京都北区王子本町1-1-12伊邪那岐命
伊邪那美命
天照大御神
速玉之男命
事解之男命
いざなぎのみこと
いざなみのみこと
あまてらすおおみかみ,はやたまのおのみこと
ことさかのおのみこと
厄除け
家内安全
運気回生
子育大願
http://ojijinja.tokyo.jp/王子権現1322