ジオラマではなく実物大で江戸時代の下町が再現された深川江戸資料館∥2014年4月

写真

フジカラーデジカメプリント1枚12円、ソフト不要でオンライン注文。コンビニ支払いOK。

最近下町情緒と町屋的な雰囲気で売出し中の森下&清澄白河近辺。最近はおしゃれカフェも続々オープンしているようです。

深川江戸資料館は清澄庭園にほど近い場所にあります。この近辺だと両国の「江戸東京博物館」が有名ですが、この深川江戸資料館は穴場的な存在。文化財的なものはありませんが、江戸時代の深川の街並みを再現した空間は、ライティングで朝・昼・夜の時間経過を表現しています。また、季節によって草花や展示されている小物の変化も楽しめるそうです。

写真東京散歩
スポンサーリンク
akajinをフォローしていただけると嬉しいです!
akajin

東京在住50代、ウォーキング、御朱印集め、写真撮影と現像、70年~80年代の少女漫画(りぼん・別マ派)、中国語学習などが趣味。
遠くない将来に愛媛に移住して下宿屋と海の家を営みながら四国八十八か所巡りをしようと画策中。

akajinをフォローしていただけると嬉しいです!
アカジンジャーナル

コメント