現代の日本では、地図で横方向といえば東西を指します。しかし江戸時代はそうではなかった。
その証拠に下町を流れる竪川(たてかわ)は南北に流れていると思いきや東西に流れていて、現在の地図で見ると「横川ちゃうんかい?」とツッコまれてしまうルートになっています。しかし江戸時代は「竪川」でノープロブレムでした。何故なら江戸城から見て縦方向に流れているから。

ここで容易に想像できるのは「じゃあもし横川って川があったらその川は東西ではなく南北に流れているんであろう」ということ。そして実際に、南北に流れる横川は存在します。しかも二本も。
その名は横十軒川と大横川。

大横川は逆さスカイツリーが映る川として有名になった北十間川から分岐して、まっすぐ南下して流れています。江戸時代に本所の開拓のために作られた人工の内部河川です。途中竪川、小名木川、仙台堀川と垂直に交差します。

そして木場のあたりまで来ると西に方向を変え、最後は隅田川に合流します。

shiohama-27

今回は大横川沿いの遊歩道を行く散歩道を、下流=隅田川との合流地点からご紹介します。大横川はすでに東西にその流れる方向を変えています。最下流から古石場川親水公園まで、上の看板の間です。

それでは、隅田川との合流地点から

巽橋から大島川隅田川水門の方面を見る。

巽橋から大島川隅田川水門の方面を見る。

案内図の写真に「巽橋」と書いてある橋からの眺めです。正確にはこの巽橋は大島川西支川という川にかかっています。屋形船が浮かんでいるのが大島川西支川の最下流で突き当りを左右に流れるのが大横川、右奥にクレーンがあるところが隅田川で、その手前に見える青い建造物が大横川と隅田川の間の水門。ヤマタネのある場所が越中島です。

大島川西支川終点奥に平行に流れるのは大横川
左側から流れてくる大島川西支川終点奥にかかってる青い橋は越中島連絡橋。歩道専用。

右は練兵衛橋。左手から大横川の遊歩道に入る
越中島連絡橋と並行して「練兵衛橋」という意味ありげな橋が。実は越中島には江戸末期から明治のはじめにかけて練兵場があり、それ由来の橋名です。私有地じゃないんだけど、確かにここから先は車は通り抜けできませんね。徒歩でだったら隣の越中島連絡橋を渡ってヤマタネの横っちょを通って隅田川テラスと越中島公園に行けます、たぶん。

この橋の左側に、大横川の遊歩道の入り口があります

大横川の遊歩道への入り口

大横川の遊歩道への入り口

遊歩道に出るとこんなかんじ

大横川。対岸はヤマタネ

大横川。対岸はヤマタネ

ヤマタネ効果で工場地帯、あるいは倉庫街にある運河感満点ですが、注目すべきはヒョロヒョロと伸びた堅そうな枝。そう!これみんな桜です。

越中島橋

越中島橋

川に向かってせり出す桜の枝はまだまだ先まで続きます。

上の写真の越中島橋から上流を眺めると

越中島橋を渡る。左側にあるのは深川カヌークラブ桟橋

越中島橋からの眺め

江東区の人口内部河川にはめずらしくカーブしています。左の岸部、川の上に青く浮かんでいるのは深川カヌークラブの桟橋だそうです。川がカーブした先は黒船橋。この付近は「臨海公園」という名の公園ですが、葛西臨海公園じゃないです。まったくの小公園です。隣に臨海小学校があるからその名が付いたのか?紛らわしいし、臨海じゃないんですけど。

ほどなく「黒船橋」が現れます。

黒船橋。橋の向こうは門前仲町の交差点

黒船橋

黒船橋は清澄通りが大横川を横切る橋で、橋の向こうは門仲の駅前です。

黒船橋を渡る

黒船橋

黒船橋の上から今来た下流方向を見てみます。右奥に見えるのが海に面していない臨海小学校です。橋の欄干には何だか江戸っぽいオブジェ。

石島橋

石島橋

黒船橋の南詰から上流方向を見ます。「石島橋」はモダンな街灯とブルーの高欄が印象的ですね。

今まで歩いて来た大横川の歩道。すべて桜並木です。あと数か月後には、ピンクの桜が両岸に咲きあふれて霞の中にいるような魅惑の風景が見られるのでしょうね。大いに楽しみでございます。

shiohama-32
さて、上記の地図の場所までやってきました。この日は少し先から始まっている「古石場川親水公園」方面に進むことにしました。

このあたりの地名は「江東区牡丹」。江戸時代からの埋め立て地で牡丹の栽培農家が多かったのでこの名がついたそうで、ちょっと色っぽいですね。今から行こうとしている古石場川親水公園にもボタン園があります。

shiohama-34

大横川から古石場親水公園に至るボタン園の入り口

大横川下流部分はここまで
古石場親水公園は水路の使命を終えて公園として活動中の古石場親水公園も江東区内部河川の一つですをご覧ください
巽橋から古石場親水公園入口まで700m