ウォーキングダイエットにRunkeeperアプリを使って効果が出た話

50代

ウォーキングしてるんだけど、ダイエット効果がイマイチ

ウォーキングしてるんだけど楽しくない

自分が歩いた記録をあとから見返してルートや速度を確認したい

そんな人に向けて、50代でウォーキングダイエットに成功した私アカジンが実際に使って有用だったスマホアプリRunkeeperをご紹介しますよ!

Runkeeper- GPS ランニングトラッカーは、ウォーキングにも使える無料アプリ

ランニングの記録アプリは有料・無料いくつもあります。その中でRunkeeperはウォーキングを筆頭にランニング以外の数多くのアクティビティにも対応しているのが大きな特徴。ウォーキングの他には

  • サイクリング
  • ハイキング
  • クロスカントリースキー
  • スケート
  • スイミング

などのアクティビティメニューが選べます。

無料でダウンロードできます。有償版の「Runkeeper GO」だと目標設定やワークアウトの比較などの機能が使えるようですが、これはランニングの人向けですし、ダイエット目的のウォーキングでしたら無料版で十分ですよ。

RunKeeper ランニングもウォーキングも GPS 追跡

RunKeeper ランニングもウォーキングも GPS 追跡

無料posted withアプリーチ

ウォーキングの速度を数字で意識すれば、ダイエット効果が高まる

ウォーキングに励んでいる同志のみなさま、歩きながら次のことを意識したことがありますか?

  • 自分がいつも時速何キロでウォーキングしているか
  • 今日の歩きはいつもに比べて速度が速いか・遅いか
  • ウォーキングの初めと終わりでペースが違ってきていないか

Runkeeperを使えば、音声ガイドやアクティビティのサマリーでこれらのことがわかります。特にウォーキングの最中に音声ガイドで今のペースを知らせてくれれば

「今日はいいペースだな」

「今日はちょっと遅いな」

といった情報が即時にわかります。これならウォーキングの途中で速さの調整ができますね。せっかくダイエットウォーキングをするのなら、キチンと効果が出るように行いたいもの。そのためには歩く速度を把握することはとても大切です。

Runkeeperは音声ガイドの設定で、1キロずつなどの距離ごと、15分などの時間ごとに時間と距離、ペースを教えてくれます。距離ごと、時間ごとのガイドはそれぞれ一方を設定するほか、両方を設定することもできますが、両方設定するとしょっちゅう音声ガイドが流れることになりちょっとうるさいので、私は1キロごとの音声ガイドを設定しています。

この音声ガイドは今のところ日本語に対応しているのはアナウンサーのような生真面目な男性の声1種類だけです。

距離・2.01キロメートル、平均速度6.21キロメートルあたり

という感じで教えてくれます。

現在の以前のバージョンでは女性の声だったらしいのですが、男性の声に変わってしまいガッカリした人もいるとかいないとか…。あとは英語版が数種類あり、こちらは鬼軍曹風、ノセ上手のインストラクター風などがありますのでお好みでどうぞ。

私の通勤ウォーキングは、この機能のおかげで元々時速5.5キロだった速度を6.2キロまでペースアップすることができました。これは速度を意識して歩くことができたことに加えて、会社から家までの経路をいくつも試し、一番速度が出るコースを定番の通勤路に決めることができたのも大きいところです。

ペースアップができてからこんなことができたのも、Runkeeperのおかげです。ちょっと疲れた日にも、途中の音声ガイドでペースが落ちていることがわかったらちょっと気合を入れ直します。

ウォーキングのモチベーションを上げてくれる

音声ガイドで自分の速度を把握することは、単調になりがちなウォーキングにリズムを作ってくれます。ウォーキングをしながら音楽を聴いている人も多いと思いますが、Runkeeperを作動させながら音楽を聴いていると、音声ガイドが入るとき音楽がフェイドアウトして音声ガイドが流れる、音声ガイドが終わると音楽がフェイドインするというちょっとDJ風の音声ガイドになって、最初に体験したときにはちょっとウキウキしちゃいました。

ウォーキングが終わったら同じような距離の過去の記録と比較してくれて、ベスト5に入ったらそれを教えてくれます。

これが出るとやっぱりうれしい

ワークアウトごとに消費カロリーも表示してくれます。こういった細かいことで地味だけど確実にモチベーションが上がるので、ダイエットに大切な「継続」が容易になるのです。RunkeeperのデータはiPhoneの「ヘルスケア」に渡すことができるので、「ヘルスケア」からは歩数と距離、消費カロリーを見ることができます。

また、GPS機能により、歩いてきた場所を地図で表示してくれます。これによって達成感を味わえたり、次に歩くルートを考えたり、歩いている途中で見かけて気になったスポットを確認したりできます。

ダイエットのためのウォーキングの他にも、街の散策や旅行先でもこのGPSは有用だと思いますので、色々な場面で役に立ってくれそうです。

論より証拠、Runkeeperで5キロ減らした私の記録

さて、ここで実際に私がRunkeeperを使ったウォーキングによって減らした体重の記録をご披露しましょう。

上記の画像はiPhoneの「ヘルスケア」の画面です。これによれば1か月に1キロのペースで5キロ近く減らすことができました。5キロ減らすと体が軽くなるので歩くのがますます楽になり、ペースも上がるようになってきます。好循環に入った感じです。

ただし、これでもまだBMI22にはいたっていません。ウォーキングのスピードとしてはどう頑張っても時速6.5キロあたりが限界だと思いますが、ウォーキング以外にも他の方法も駆使して最終的な目標であるBMI22まで頑張るつもりです。

次のページではウォーキングで使うためのRunkeeperの具体的な設定をご紹介します。

コメント