昭和新撰江戸三十三観音霊場19番札所∥医王山悉地院東円寺

昭和新撰 江戸三十三観音札所

19edo33paper3

19edo33paper4

  • 名称 医王山悉地院東円寺
  • ふりがな いおうざんしっちいんとうえんじ
  • 住所 東京都杉並区和田2-18-3
  • 宗派 真言宗豊山派
  • 札所本尊 聖観世音菩薩

近くには立正佼成会の本部の独特な外観のビルや、救世軍の病院があったりと、少し不思議な雰囲気の場所にあります。山門からは入れないので、右手のスロープから入っていきます。

「医王山」の山号の通り、ご本尊は薬師如来、本堂は昭和7年に改修されたものです。観音堂は昭和41年に鉄筋コンクリート造で再建されました。

近くには「東円寺会館」という斎場もあります

山門

山門

山門の前にある杉並区による縁起

山門の前にある杉並区による縁起

本堂、ご朱印はこの右手の事務所でいただく

本堂、ご朱印はこの右手の事務所でいただく

観音堂

観音堂

ご朱印をと共に観音様御姿と、訪れたのが年末だったので可愛らしいデザインの小冊子のカレンダーもくださいました。

いただいたカレンダー

いただいたカレンダー

観音様御姿

観音様御姿

ご朱印

医王山悉地院東円寺ご朱印

昭和新撰 江戸三十三観音札所東京散歩
スポンサーリンク
akajinをフォローしていただけると嬉しいです!
akajin

東京在住50代、ウォーキング、御朱印集め、写真撮影と現像、70年~80年代の少女漫画(りぼん・別マ派)、中国語学習などが趣味。
遠くない将来に愛媛に移住して下宿屋と海の家を営みながら四国八十八か所巡りをしようと画策中。

akajinをフォローしていただけると嬉しいです!
アカジンジャーナル

コメント