Archives for 6月, 2015

御朱印

山火事を消し止めた山の神の使いの伝説が残る宝登山神社

ヤマトタケルを火事から守り、霊山に導く long long ago,景行天皇の御代のことじゃった。ヤマトタケルの尊が東国平定の際宝登山で遥拝をしようと共の軍勢を従えて山を登っていたところ、山火事に遭い絶体絶命の危機に陥っ
続きを読む»
御朱印

神話の時代から戦後までのご祭神を祀る秩父神社

由緒とご祭神について 崇神天皇の時代、初代知々夫国造(ちちぶのくにのみやつこ)である知知夫彦命(ちちぶひこのみこと)が祖神をお祀りしたのがはじまりです(彼自身もご祭神になっています) その祖神が八意思兼命(やごころおもい
続きを読む»
漫画

よしなが大奥のフィクションとノンフィクション=家重・家治編② 平賀源内=

よしなが大奥のフィクションとノンフィクション=家重・家治編=でご紹介しきれなかった平賀源内についてです。 巷間、平賀源内について知られていることといえば 鬼才・天才、日本のダ・ヴィンチ。学者で作家で発明家・・・・・ 「土
続きを読む»
写真

リベンジできたか?ガンダーラのイケメン仏像

イケメンすぎるガンダーラの仏像たちではバタくさいイケメン仏像達を目の前にして逆上してしまい、ロクな写真を撮れなかったので、今回は心を落ち着けてもう一度国立博物館東洋館に行ってきました。 まずはヨン様を彷彿とさせるポーズの
続きを読む»
写真

再度国立博物館に赴き、今度は本館の仏像を撮ってきた②

再度国立博物館に赴き、今度は本館の仏像を撮ってきた①に引き続き、しつこく仏像の写真をお届けします。 不動明王立像(重要文化財) ふどうみょうおうりゅうぞう。平安時代(11世紀)の作。木造彩色で、年月を経て色は落ちています
続きを読む»
漫画

よしなが大奥のフィクションとノンフィクション=家重・家治編=

これまで、史実とよしなが大奥を比較して、登場人物やエピソードをフィクションとノンフィクションに仕訳して年表を作ってきましたが、どうやら10代将軍家治のあたりに来て年表づくりが行き詰ってしまいました。 よしなが大奥のフィク
続きを読む»
写真

再度国立博物館に赴き、今度は本館の仏像を撮ってきた①

またまた特別展は長蛇の列だった 東京国立博物館東洋館で色々な物を撮影してきたおよびイケメンすぎるガンダーラの仏像たち で2015年4月のとある日に国立博物館東洋館で撮影した写真を掲載しましたが、今度は国立博物館本館に撮影
続きを読む»
漫画

よしなが大奥のフィクションとノンフィクション=吉宗編=

大奥1巻、水野のものがたりの始まりは正徳六年(享保元年=1716年)と明記されています。この年は吉宗将軍就任の年で、赤面疱瘡が日本の業病となってから80年ほどの歳月が流れています。第1巻の終りに吉宗が「没日録」を読み、2
続きを読む»
旅行

高野山に行くのに全面的に南海電鉄さんにお世話になり、快適に過ごせました

2015年は高野山開創1200年という大大アニバーサリーイヤーです。和っぽいもの、あるいは中国伝来っぽいものは、10進法より12進法の方が重みがある気がするのは何故でしょうか?とにかくものすごーーーく(歌丸師匠風)記念碑
続きを読む»
写真

江戸東京博物館でジオラマ撮影の修行をしよう

両国にある「江戸東京博物館」の大きな特徴は「展示物のほとんどが複製なので、撮影し放題である」ということでしょう。一部の展示物はフラッシュ撮影もOKという太っ腹さ。そして私の大好きなジオラマだらけなのであります。 今のとこ
続きを読む»
12