Tag archives for 神社 - Page 2

旅行

戸隠・善光寺・上高地・松本 一泊二日で会心のスケジュールを組めた長野旅行

以前からあこがれていた上高地。今まで旅行と言えば海&釣り&シュノーケリング&海の幸が殆どでしたが、ハードウォーキングと寺社巡りにいそしんでいくうちに「山もいいかもね」と、50を目の前にしてついに上高地を含む長野に旅行に行
続きを読む»
戸隠五社

ヤマタノオロチではなく九つの龍の頭を持った九頭竜大神を祀る戸隠神社九頭竜社

戸隠神社奥社と並んで崖の上に拝殿がある九頭竜神社は、昔このあたりで暴れていた九つの龍の頭と九つの龍のしっぽを持つ鬼を修行僧が岩戸に押しこめ、それ以来改心して良い神になり人々を守ったという伝説の地です。戸隠の名前の由来であ
続きを読む»
御朱印

上高地にある穂高神社奥宮。明神池では船神事も行われる

穂高神社の本宮は安曇野市にあります。ご祭神の穂高見命は綿津見神(わたつみのかみ)の子孫で、穂高岳に降臨した陸海交通の守り神です。(またまた海なし長野に海関係、、、)さらに上高地、穂高岳の麓にある奥宮もご祭神は同じく穂高見
続きを読む»
戸隠五社

荘厳な杉並木と急な山道を経てたどり着く戸隠神社奥社

アマテラスオオミカミがスサノオノミコトの乱暴狼藉を嘆いてとある岩屋に引きこもってしまったとき、その岩屋の戸を怪力でこじ開けたアメノタヂカラオノミコトがご祭神。こじ開けた戸を、アマテラスオオミカミが二度とお篭りにならないよ
続きを読む»
戸隠五社

戸隠神社の中核をなし、付近には宿坊も並ぶ中社

岩屋にこもったアマテラスオオミカミが戻ってくれるように、にぎやかな音楽で誘い出そうと考案した天八意思兼命=アメノヤゴコロオモイカネノミコトがご祭神。いかにも思慮深く思いやりがあり気が利きそうなお名前ですね。戸隠五社の社務
続きを読む»
戸隠五社

イシュタルの娘で、小野お通が導かれた戸隠神社火之御子社

岩屋にこもったアマテラスオオミカミに出てきてもらうため、岩屋の前で踊りを踊ったアメノウズメノミコトが主祭神で、それにふさわしく舞楽芸能の神として崇敬を集めています。 私の愛読する大和和紀の「イシュタルの娘」一巻で、飯縄山
続きを読む»
戸隠五社

戸隠五社めぐりのスタート地点、戸隠神社宝光社

宝光社前のバス停を降り、300段近くの石段を上った先に境内はあります。ご祭神のアメノウワハルノミコトは中社ご祭神のヤゴコロオモイカネノミコトの子神です。女性や子供の守り神とされています。 境内から「神道」という山中の小道
続きを読む»
秩父三社

白の気守りと浮き上がる龍で有名なパワースポット三峯神社

秩父三社の一つでもある宝登山神社と同じく、ヤマトタケル尊の東国遠征の際の始まりと言われています。「三峯」の名が示す通り三つの山(白岩山・妙法山・雲取山)に囲まれており、この名をつけたのは景行天皇だそうです。 この神社の特
続きを読む»
御朱印

山火事を消し止めた山の神の使いの伝説が残る宝登山神社

ヤマトタケルを火事から守り、霊山に導く long long ago,景行天皇の御代のことじゃった。ヤマトタケルの尊が東国平定の際宝登山で遥拝をしようと共の軍勢を従えて山を登っていたところ、山火事に遭い絶体絶命の危機に陥っ
続きを読む»
御朱印

神話の時代から戦後までのご祭神を祀る秩父神社

由緒とご祭神について 崇神天皇の時代、初代知々夫国造(ちちぶのくにのみやつこ)である知知夫彦命(ちちぶひこのみこと)が祖神をお祀りしたのがはじまりです(彼自身もご祭神になっています) その祖神が八意思兼命(やごころおもい
続きを読む»