Tag archives for 神社

御朱印

まだ間に合う!ブルーボトルも道中にある意識高い深川七福神めぐり

数年ぶりの七福神めぐり。今回は江東区の深川地域の七福神です。 深川七福神会推奨ルートは ①富岡八幡宮→②冬木弁天堂→③心行寺→④円珠院→⑤龍光院→⑥深川稲荷神社→⑦深川神明宮 の順番、またはその逆順となっています。こうす
続きを読む»
旅行

鹿だけじゃない。巨大仏像をオナカいっぱい堪能してもまだまだ見きれない奈良旅行2泊3日=一日目

7月の海の日がらみの三連休、修学旅行が途絶える夏休みを狙って二泊三日で奈良へ行ってきました。目的は巨大仏像や神社仏閣巡りであることは言うまでもありません。そしてハードウォーキング&サイクリングも。高校の修学旅行以来の奈良
続きを読む»
御朱印

魔が去る縁起の良い年2016年申年のお正月初詣にお勧めの猿モチーフの神社仏閣をご紹介

間もなく来たる2016年は申年です。 猿知恵、猿まね、猿芝居など、猿は人間に近いのが仇になり、猿由来の慣用句にはロクなものがありませんが、いやいやしかし、全国に3000とか4000とかある日吉・山王・日枝系の神社では猿を
続きを読む»
御朱印

奈良といえば鹿。そして鹿に乗ってやってきた神様を祀っているのが春日大社

「奈良なら鹿しかいない」の名高いダジャレにも謳われている奈良公園一帯の鹿。その始まりは全国に約1000社ある春日神社の総本社、春日大社にありました。 第一殿に祀られているご祭神”武甕槌命(たけみかづちのみこと)”が鹿島神
続きを読む»
旅行

思ったよりデカい紀伊半島をひたすら南下し、熊野三社めぐり一泊二日の旅へ

紀伊半島南端は沖縄より、グアムより遠いのです。 週末を使って一泊二日で熊野三社に出かけることになりました。もちろん熊野古道もできるだけ歩きたい。ということでプラン開始です。 そしたら熊野は東京から予想以上に遠いことが判明
続きを読む»
御朱印

今は無き大宮市の市名の由来になった武蔵の国の一の宮大宮氷川神社

東京十社のレポートをした際、荒川流域に多くみられる氷川信仰の神社のひとつ赤坂氷川神社でもご紹介しましたが、氷川信仰の総本社が大宮の氷川神社です。そもそも大宮という地名が氷川神社から付けられているわけですから。この由緒ある
続きを読む»
御朱印

太陽と実りをつかさどる神を祀った大間々神明宮

ご祭神の大日孁貴神(おおひるめのむちのかみ)は天照大神(アマテラスオオミカミ)の別名。豊宇気毘売神(とようけびめ)は豊受大神(トヨウケノオオミカミ)でウケとは食物のことなので、食物・穀物を司る女神です。 天照大神と主祭神
続きを読む»
御朱印

魔去るの猿は山の神様ののお使い、日吉・日枝・山王神社の総本社日吉大社

滋賀県の坂本は比叡山への入り口で、京阪電車の坂本駅から日吉大社に向かう参道の両側には石垣に囲まれたお寺が並びます。これらのお寺は「里坊」といって延暦寺で修業を終えた僧たちが隠居した坊のことです。石垣は穴太衆(あのうしゅう
続きを読む»
御朱印

近江大津宮を開いた天智天皇を崇敬し創建された近江神宮

ご祭神である天智天皇が都(近江大津京)を開いた地であることは、この地の人々の誇りで、神道が国家宗教となった明治時代に天智天皇を祀る神社を作ろうという気運が高まりました。その悲願が実を結び、昭和に入ってから昭和天皇の勅許が
続きを読む»
御朱印

伊勢神宮を「子」とするお多賀さん、多賀大社

古事記に記載があるという大変古い創建の神社です。ご祭神はイザナギ・イザナミで、この二人の子供が伊勢神宮のご祭神アマテラス大神であることから、「お伊勢参らばお多賀へ参れ お伊勢お多賀の子でござる」と謳われました。また 「お
続きを読む»