小説

書籍

かわいた畑に撒いた水からたくさんの芽が出て「だれもが知ってる小さな国」ができあがった

有川浩版のコロボックル物語最新刊が発売されました。早速のレビュー
2019.01.06
書籍

だれも知らない小さな国は崇高なラブストーリーであると主張したい

身の丈一寸ほどの人間「コロボックル」が主役の「コロボックル物語」シリーズの第一巻である本書は、奇跡の小人「コロボックル」...続きを読む
2019.01.06
書籍

コロボックル物語の年表をつくってみた=最終回 星からおちた小さな人~コロボックル物語余話

佐藤さとるさんのコロボックル物語に関して、年表を作って現実世界とシンクロさせるこのシリーズも、いよいよ最終回となってしま...続きを読む
2018.12.31
書籍

コロボックル物語の年表をつくってみた③ 豆つぶほとの小さないぬ

コロボックル物語の年表をつくってみた① だれも知らない小さな国=前篇= および コロボックル物語の年表をつくってみた② ...続きを読む
2015.11.02
書籍

コロボックル物語の年表をつくってみた② だれも知らない小さな国=後篇=

コロボックル物語1 だれも知らない小さな国年表後半 コロボックルの味方になってからコロボックル小国の誕生まで ...続きを読む
2015.11.02
書籍

コロボックル物語の年表をつくってみた① だれも知らない小さな国=前篇=

ものがたりに正確な年表を求めるのは、おそらく野暮なことなのでしょう。ただ、私は「小さな人のむかしの話」に収録されている「...続きを読む
2015.11.02
スポンサーリンク