Tag archives for 奈良

旅行

鹿だけじゃない。巨大仏像をオナカいっぱい堪能してもまだまだ見きれない奈良旅行2泊3日=総括

かなり印象の深かった奈良旅行なので、全体的なソーカツをしてみたいと思います。 ガイドブックの予告通り虻蜂取らずになったかもだけど、後悔はしてないわ! 今回の奈良の寺社仏閣めぐりは、予定より移動に時間がかかりました。原因は
続きを読む»
旅行

鹿だけじゃない。巨大仏像をオナカいっぱい堪能してもまだまだ見きれない奈良旅行2泊3日=三日目

レンタサイクルで斑鳩と西ノ京を回って奈良旅行をしめくくるハズでしたが、果たして結果は? 奈良旅行最終日。天気は上々で、いよいよレンタサイクルの出番です。 この日は、アサイチで自転車を借り法隆寺へ行き、西ノ京まで戻って唐招
続きを読む»
旅行

鹿だけじゃない。巨大仏像をオナカいっぱい堪能してもまだまだ見きれない奈良旅行2泊3日=二日目

二日目:とにかく飛鳥大仏を見に明日香へ、そして歩き回る 平城京跡を車窓から眺める 一日フルに使える二日目。近鉄奈良から電車で飛鳥へ向かいます。近鉄奈良線で奈良を南北に走る橿原線への乗換駅「大和西大寺駅」へ。この大和西大寺
続きを読む»
旅行

鹿だけじゃない。巨大仏像をオナカいっぱい堪能してもまだまだ見きれない奈良旅行2泊3日=一日目

7月の海の日がらみの三連休、修学旅行が途絶える夏休みを狙って二泊三日で奈良へ行ってきました。目的は巨大仏像や神社仏閣巡りであることは言うまでもありません。そしてハードウォーキング&サイクリングも。高校の修学旅行以来の奈良
続きを読む»
写真

せっかくの石舞台古墳でもう少し個性的な写真が撮れなかったものかと反省する

考古学者でなければ古墳荒らしや盗掘者ではないと見られないであろう古墳の石室がむき出しになったのが石舞台古墳。蘇我馬子の古墳であるとの説が有力です。 いつごろから石室むき出しになってしまったのかは明らかにされていませんが、
続きを読む»
写真

得意の絶頂蘇我蝦夷・入鹿親子の邸宅の遺構も最近になって出土したらしい甘樫丘

蘇我入鹿が中大兄皇子と中臣鎌足に討たれたあの事件、「ムシコ(645)ロして滅んだ蘇我一族」という語呂合わせで覚えたアレは、昭和中期生まれの私の世代は「大化の改新」と習いました。 しかし今では暗殺事件自体は「乙巳の変」と呼
続きを読む»
御朱印

中金堂は復元工事中なれど日本仏像界ダントツ人気の阿修羅像を見るだけでも興福寺に行く価値はあるでしょう

元々は山背国、現在でいうと京都の山科区に藤原鎌足の婦人が夫の病気平癒のために建立した山階寺がその始まり、その後遷都によって飛鳥→奈良と移ってきました。奈良に移った際、当時の一族の長である藤原不比等によって興福寺の名になり
続きを読む»
御朱印

天平の甍で有名な唐招提寺金堂の屋根は、本当はもっと羽ばたく鳥のようであったそうな

奈良旅行の予習として唐招提寺の開創鑑真を描いた永井路子さんの「氷輪」を読んでいたので、唐招提寺は是非じっくり・ゆっくりと見たいと思っていました。 折しも蓮の花が美しい時期。奈良市観光協会では「奈良・西ノ京ロータスロード」
続きを読む»
御朱印

レキシの”憲法セブンティーン”が頭の中で永久ループする引き金を引いた法隆寺の御朱印

日本初の世界遺産である法隆寺は言わずと知れた推古天皇と聖徳太子による建立で、日本最古の木造建築(五重塔と金堂)。回廊に囲まれた五重塔は、その渋いたたずまいに圧倒されます。法隆寺が建った頃、庶民は竪穴式住居とかに住んでいた
続きを読む»
御朱印

日本最古の仏像”飛鳥大仏”が写真撮り放題の鳥形山安居院飛鳥寺

わたくしの愛読書の一つにみうらじゅん氏の「ぐっとくる仏像」という本がありまして、そこに掲載されている飛鳥大仏の個性的な姿に、氏の意図通り「ぐっ」っとキてしまった私です。 貴方を守り叶える 究極の開運ツールをご紹介! 奈良
続きを読む»
12