Tag archives for 世界遺産

旅行

鹿だけじゃない。巨大仏像をオナカいっぱい堪能してもまだまだ見きれない奈良旅行2泊3日=総括

かなり印象の深かった奈良旅行なので、全体的なソーカツをしてみたいと思います。 ガイドブックの予告通り虻蜂取らずになったかもだけど、後悔はしてないわ! 今回の奈良の寺社仏閣めぐりは、予定より移動に時間がかかりました。原因は
続きを読む»
御朱印

中金堂は復元工事中なれど日本仏像界ダントツ人気の阿修羅像を見るだけでも興福寺に行く価値はあるでしょう

元々は山背国、現在でいうと京都の山科区に藤原鎌足の婦人が夫の病気平癒のために建立した山階寺がその始まり、その後遷都によって飛鳥→奈良と移ってきました。奈良に移った際、当時の一族の長である藤原不比等によって興福寺の名になり
続きを読む»
御朱印

天平の甍で有名な唐招提寺金堂の屋根は、本当はもっと羽ばたく鳥のようであったそうな

奈良旅行の予習として唐招提寺の開創鑑真を描いた永井路子さんの「氷輪」を読んでいたので、唐招提寺は是非じっくり・ゆっくりと見たいと思っていました。 折しも蓮の花が美しい時期。奈良市観光協会では「奈良・西ノ京ロータスロード」
続きを読む»
御朱印

レキシの”憲法セブンティーン”が頭の中で永久ループする引き金を引いた法隆寺の御朱印

日本初の世界遺産である法隆寺は言わずと知れた推古天皇と聖徳太子による建立で、日本最古の木造建築(五重塔と金堂)。回廊に囲まれた五重塔は、その渋いたたずまいに圧倒されます。法隆寺が建った頃、庶民は竪穴式住居とかに住んでいた
続きを読む»
御朱印

裏参道、法華堂、戒壇堂、、、大仏殿以外にも見所がたくさんある東大寺

春日大社にお参りした後、東大寺にお参りしました。というわけで、アプローチは南大門ではなく若草山方向から。春日大社の西側の道から若草山の裾を回って手向山八幡宮に出る道は、多少のアップダウンはありますが、人も少なく、折しも雨
続きを読む»
御朱印

奈良といえば鹿。そして鹿に乗ってやってきた神様を祀っているのが春日大社

「奈良なら鹿しかいない」の名高いダジャレにも謳われている奈良公園一帯の鹿。その始まりは全国に約1000社ある春日神社の総本社、春日大社にありました。 第一殿に祀られているご祭神”武甕槌命(たけみかづちのみこと)”が鹿島神
続きを読む»
旅行

思ったよりデカい紀伊半島をひたすら南下し、熊野三社めぐり一泊二日の旅へ

紀伊半島南端は沖縄より、グアムより遠いのです。 週末を使って一泊二日で熊野三社に出かけることになりました。もちろん熊野古道もできるだけ歩きたい。ということでプラン開始です。 そしたら熊野は東京から予想以上に遠いことが判明
続きを読む»
御朱印

開創1200年の天空の宗教都市高野山は、たくさんすぎる人でにぎわっていました。

高野山に行くのに全面的に南海電鉄さんにお世話になり、快適に過ごせましたで高野山に至るまでの記録を書きましたが、肝心の高野山のレポートです。 さて、高野山は天空の宗教都市とも言われていて、標高1000メートルくらいの高地が
続きを読む»
御朱印

中尊寺金色堂でガラス越しに金色の極楽浄土を見る

境内入口から緩やかに続く登参道「月見坂」の両側には弁慶堂、地蔵堂、薬師堂などの御堂が点在します。これらの御堂は簡素な造りで、各お堂にご朱印授与所はあるのですが、書置きの所も少なくありません。 本堂に安置されているご本尊の
続きを読む»
御朱印

”浄土式庭園”を頭の中に再現できるか?平泉の毛越寺

奥州藤原氏によって壮大な伽藍が築かれたという毛越寺は、その後の火災等により現在はその姿を見ることはできません。平等院鳳凰堂のような本堂の前に池を配した浄土式庭園を持ったこの伽藍は自分の頭の中で想像するしかないのです。 よ
続きを読む»
12