nenpyo9コロボックル物語の年表をつくってみた③ 豆つぶほとの小さないぬで、第二巻から第三巻までの時間経過は5年で、物語の内容は約半年間の出来事であることは書きました。


そして第三巻のエピソードは3日間の間に起こっています。

続く第四巻は、第三巻の「ミツバチ事件」が起こった直後、「おきて」が変わった時から物語が始まります。そして開始当時2歳だった主人公の一人であるタケルくんが小学校三年のときの「桜谷用水池事件」で終了します。その間8年です。

そして第五巻「小さな国のつづきの話」は「桜谷用水池事件」から11年後が舞台です。

このあたりの経過年数は、人間側の第二世代とも呼べる人々の年齢や学年が明記されているので、時間を軸にした縦の流れは容易に追っていくことができます。


ところで、第四巻のまえがきに書かれていたこの文章に「あれ?」と思った方も少なくないのではないでしょうか?

もう一つの大きいほうは、いまのところだれも住んでいない。じつは、コロボックルのひみつをよく知っている人間の一家があるのだが、その一家が、ときどきこの山にあそびにきたときつかうだけだ。=ふしぎな目をした男の子~はじめに

実はこの答えが10年以上も経て書かれた第五巻「小さな国のつづきの話」にあり、また、「小さな国のつづきの話」で、おチャ公がおチャメさんにコロボックル物語の本を渡された時の文章

イサオがコロボックルの本を読んだのは、大学にはいるすぐ前だった。(略)そのころはまだ三さつしか出ていなかったが。=小さな国のつづきの話~第三章みんなのトモダチ

このことからも、第三話以降は物語のテーマは時系列を追っていながらも並行して進行していることがわかります。

そこで、コロボックル物語完結後に発行された別巻「小さな人のむかしの話」に収録されている「コロボックル物語余話」中の登場人物をフォローしている文章もふくめて、人間側の登場人物の年表を作ってみました。
nenpyo10

さて、今度はコロボックル側の年表です。
これが最後の年表になるので、コロボックル小国建国からの歴史と、物語が刊行(発表)された年も付け加えておきました。「コロボックル童話集」に収録されている短編も、講談社青い鳥文庫に記載されている発表時期に従って付け加えておきました。
nenpyo11

完結編である第五話「小さな国のつづきの話」で、人間側の次の世代がらせん状につながっていく予感をにおわせています。そこからさらに現在まで四半世紀以上を過ぎています。小学生の時にコロボックル物語を読んだ(そしてその時は四巻までしかなかった)私は、自分の子供が小学生の時に、この本を与えました。その子供もすでに成人しています。登場人物も、読者も世代をつないでいます。そして昨年ついに人気作家の有川浩さんが新しいコロボックル物語を刊行しました。これは今までのおさらいも含めた掌編でしたが、きっと新しいコロボックル物語が続いていくことを信じ、願っています。

2015年10月追記

佐藤さとる氏からコロボックル物語のバトンを受け取った人気作家の有川浩さんによる、新しいコロボックル物語が始まりました。
かわいた畑に撒いた水からたくさんの芽が出て「だれもが知ってる小さな国」ができあがった