イケメンすぎるガンダーラの仏像たちではバタくさいイケメン仏像達を目の前にして逆上してしまい、ロクな写真を撮れなかったので、今回は心を落ち着けてもう一度国立博物館東洋館に行ってきました。

まずはヨン様を彷彿とさせるポーズの釈迦如来像から。台座のデザインが日本の仏像にはあまり見られない様式ですね。

にょらいざぞう片岩 パキスタン・ガンダーラ 高77.3 クシャーン朝 2-3世紀  通肩に衣をつけ,転法輪印を結んで結跏趺坐する。波形の頭髪や,衣のひだなどの表現は,ヘレニズムの影響を色濃く残し,東西文化の交流によって生まれたガンダーラ美術の性格をよく物語る。頭光には,仏陀の左に,円筒形の宝冠を戴いたインドラ(帝釈天),右にブラフマー(梵天)が,それぞれ蓮台の上に立ち,仏陀を礼拝する。 国立博物館東洋館 http://www.tnm.jp/modules/r_collection/index.php?controller=dtl_img&size=L&colid=TC80&t=

にょらいざぞう片岩パキスタン・ガンダーラ高77.3クシャーン朝(2-3世紀)

少し憂いを秘めた端正な横顔

少し憂いを秘めた端正な横顔

次は前回あまりのビジュアルに手ブレを起こしてしまった(弥勒)菩薩

パキスタン・ガンダーラ クシャーン朝・2世紀 国立博物館東洋館

両腕が欠損してしまっています。脂肪と筋肉の融合が圧倒的ですな。

パキスタン・ガンダーラ クシャーン朝・2世紀 国立博物館東洋館

パキスタン・ガンダーラ クシャーン朝・2世紀 国立博物館東洋館

パキスタン・ガンダーラ クシャーン朝・2世紀 国立博物館東洋館

またもやブレ気味のアップ。もう少し落ち着いて撮らないといけませんね。

次は今回初公開の交脚菩薩像

パキスタン・ガンダーラ クシャーン朝・2世紀 国立博物館東洋館

パキスタン・ガンダーラ クシャーン朝・2世紀 国立博物館東洋館

パキスタン・ガンダーラ クシャーン朝・2世紀 国立博物館東洋館

まぶたの欠けがクルリとカーブしたまつ毛に見えて、頬の凸凹がニキビ跡みたいに見えてしまう。顎が結構特徴的。パキスタン・ガンダーラ クシャーン朝・2世紀 国立博物館東洋館

パキスタン・ガンダーラ クシャーン朝・2世紀 国立博物館東洋館

パキスタン・ガンダーラ クシャーン朝・2世紀 国立博物館東洋館

パキスタン・ガンダーラ クシャーン朝・2世紀 国立博物館東洋館

パキスタン・ガンダーラ クシャーン朝・2世紀 国立博物館東洋館

足のアップも

パキスタン・ガンダーラ クシャーン朝・2世紀 国立博物館東洋館

パキスタン・ガンダーラ クシャーン朝・2世紀 国立博物館東洋館

次はレリーフ。交脚菩薩像。3-4世紀,現アフガニスタン・カーブルの北方,カーピシー地方の制作らしいです。

うきぼりぶっぱつくようこうきゃくぼさつぞう 片岩 アフガニスタン 高51.0 幅136 3-4世紀 中央に仏鉢供養図,左右に弥勒菩薩交脚坐像一対を表す。成道後の仏陀が樹下に留まっていた時,二人の商人が麦蜜を奉った。四天王からそれぞれ一つずつ鉢を受け取った仏陀はそれを重ねて一つに合し,二商人よりの麦蜜を受けたという。菩薩像の丸い面貌やずんぐりした体躯,正面性の強い表現から,現アフガニスタン・カーブルの北方,カーピシー地方の制作と考えられる。 国立博物館東洋館

うきぼりぶっぱつくようこうきゃくぼさつぞう 片岩  国立博物館東洋館

うきぼりぶっぱつくようこうきゃくぼさつぞう 片岩 アフガニスタン 高51.0 幅136 3-4世紀 中央に仏鉢供養図,左右に弥勒菩薩交脚坐像一対を表す。成道後の仏陀が樹下に留まっていた時,二人の商人が麦蜜を奉った。四天王からそれぞれ一つずつ鉢を受け取った仏陀はそれを重ねて一つに合し,二商人よりの麦蜜を受けたという。菩薩像の丸い面貌やずんぐりした体躯,正面性の強い表現から,現アフガニスタン・カーブルの北方,カーピシー地方の制作と考えられる。 国立博物館東洋館

顔の造詣が、ガンダーラのものとも違いますね

うきぼりぶっぱつくようこうきゃくぼさつぞう 片岩 アフガニスタン 高51.0 幅136 3-4世紀 中央に仏鉢供養図,左右に弥勒菩薩交脚坐像一対を表す。成道後の仏陀が樹下に留まっていた時,二人の商人が麦蜜を奉った。四天王からそれぞれ一つずつ鉢を受け取った仏陀はそれを重ねて一つに合し,二商人よりの麦蜜を受けたという。菩薩像の丸い面貌やずんぐりした体躯,正面性の強い表現から,現アフガニスタン・カーブルの北方,カーピシー地方の制作と考えられる。 国立博物館東洋館

日本の仏像はこちら
再度国立博物館に赴き、今度は本館の仏像を撮ってきた①
再度国立博物館に赴き、今度は本館の仏像を撮ってきた②