多賀大社一の鳥居

多賀大社一の鳥居

古事記に記載があるという大変古い創建の神社です。ご祭神はイザナギ・イザナミで、この二人の子供が伊勢神宮のご祭神アマテラス大神であることから、「お伊勢参らばお多賀へ参れ お伊勢お多賀の子でござる」と謳われました。また 「お伊勢七度熊野へ三度 お多賀さまへは月参り」の言葉もあり、豊臣秀吉や武田信玄の崇敬も寄せられていたそうです。

しゃもじの形をした「お多賀杓子」と呼ばれるお守りが有名で、料理道具の玉杓子、カエルの子のオタマジャクシはここから名付けられたとの説があります。

現在の多賀大社は、のどかなローカル線「近江鉄道」の多賀大社前駅から歩いて10分ほどのところにあり、静かな門前町といった風情です。ちなみに彦根から多賀大社に向かう近江鉄道彦根・多賀大社の間に「スクリーン」という駅があってちょっとびっくり。後で調べてみるとここには株式会社SCREENホールディングス(旧大日本スクリーン製造)の事業所があり、ここに勤務する従業員のために、会社が費用を出して作った駅だそうです。

一の鳥居の前のお土産屋さんには名物の”糸切り餅”が売られています。これは鎌倉時代、蒙古軍の壊滅を喜んで村人が多賀大社に奉納したお団子が元になっていて、蒙古軍旗の青赤の線を描き弓の弦で切ったことから名前が付きました。素朴な餡子を柔らかなお餅で包んだ可愛らしいお菓子です。

境内は多くの摂末社があり、自然も豊かで訪れた時が丁度七五三のシーズンだったので、七五三の字をかたどった菊が美しく飾られていました。

多賀大社拝殿

多賀大社拝殿

彦根の玄宮園に引き続き、しっとりと雨が降っていたので、またまた葉っぱのアップなどを撮ってみました。
201411shiga-62

201411shiga-61

201411shiga-69

201411shiga-67

201411shiga-65

201411shiga-64

多賀大社データ

  • 社名 多賀大社(たがたいしゃ)
  • 主祭神 伊邪那岐大神,伊邪那美大神(いざなぎのおおかみ、いざなみのおおかみ)
  • 住所 滋賀県犬上郡多賀町多賀
  • 公式サイト http://www.tagataisya.or.jp/index.html
  • ご利益 延命長寿、厄除け、縁結び、家内安全、交通安全

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印

akajinshuin_030