山門、楼門、本堂と続く感じが重厚感と奥行きを感じます