間もなく来たる2016年は申年です。

猿知恵、猿まね、猿芝居など、猿は人間に近いのが仇になり、猿由来の慣用句にはロクなものがありませんが、いやいやしかし、全国に3000とか4000とかある日吉・山王・日枝系の神社では猿を神の使いとしますし、ニニギノミコトの降臨(天孫降臨)の際に道案内をつとめたのは猿田彦(サルタヒコ)です。

手塚治虫の未完の大作「火の鳥」でも狂言回し的な役割で猿田彦をモデルとしたに違いない登場人物が出てきますし、最近は意識高い系コーヒーショップ「猿田彦珈琲」なんてお店もありますね。

猿は「魔、去る」、「勝る」に通じる、そして鬼門である丑寅(北東)の正反対にあたる裏鬼門が未申(ひつじさる)なので、鬼門に猿を飾って魔よけとしたと言われています。
話は戻りますが、前段で挙げた日吉・山王・日枝系神社の総本社滋賀県の日吉大社は京都(都)の鬼門にあたります。

さて、ウンチクはここまでとして、これまで当アカジンジャーナルでご紹介した神社仏閣のうち、猿に関係するものをまとめてみます。初詣のご参考にどうぞ!

日吉大社(滋賀県)

やはり一番目にご紹介するのは総本山日吉大社でしょう。境内には「神猿」さんもいらっしゃいますよ
魔去るの猿は山の神様ののお使い、日吉・日枝・山王神社の総本社日吉大社
滋賀県大津市坂本5-1-1

東本宮のご朱印

日吉大社東本宮のご朱印。神猿さんの御朱印です。

201411shiga-120

日吉大社西本宮

また、日吉大社の近くにある西教寺という天台宗のお寺には「身代わりの白手猿」という伝説があります。一揆の首謀者と疑われた僧の身代わりに猿がお経を唱えていたというもので、西教寺の境内にはそこここに猿のモチーフが見られます

戒光山兼法勝西教寺(滋賀県)

天台系仏教の総本山の一角、明智光秀の檀那寺で一族の墓もある西教寺
滋賀県大津市坂本5丁目13-1

瓦の上のお猿さん

瓦の上のお猿さん

山王日枝神社(東京都)

都会派のあなたはこちら。社殿の後ろに外資系保険会社の高層ビルが見える景色は独特。御朱印もカラフルですよ
日枝神社の「ひえ」は比叡山のことだった
東京都千代田区永田町2-10-5

山王日枝神社:東京十社

赤坂日枝神社の御朱印。見とれてしまうほどの美しい楷書

日枝神社

神門。日吉・山王・日枝系神社特有の「山王鳥居」

神霊山金乗院慈眼寺(東京都)

直接猿を祀っているわけではありませんが、境内に倶利伽羅不動庚申があり、ここに「見ざる・聞かざる・言わざる」の三猿が彫られていました。
昭和新撰江戸三十三観音霊場14番札所∥神霊山金乗院慈眼寺(目白不動)
東京都豊島区高田2-12-39

倶利伽羅不動庚申1666年のもの

倶利伽羅不動庚申1666年のもの

山門

慈眼寺の山門

東京各地の七福神めぐりも楽しいですよ

お正月の縁起物と言えば七福神。東京はたくさんの七福神めぐりがあります。いずれも一日で回れるので、腹ごなしがてら出かけていくのも楽しいですね。お正月の期間だけ宝船や笹の授与物を用意している場所もあるようです。7つの御朱印を一枚の色紙に集めたものも、一年の開運を祈っておうちに飾っておくのにおすすめですよ。
私は今まで3つの七福神めぐりをしました。今年は深川にするか、浅草にするか迷い中。

日本橋七福神

オール神社で8か所9神、変則的な日本橋七福神

小網神社:福禄寿

日本橋七福神のうち小網神社:福禄寿

新宿山の手七福神

新宿山の手七福神ー御朱印巡りはここから始まった

大黒天:大乗山経王寺

新宿山の手七福神のうち大黒天:大乗山経王寺

谷中七福神

谷中七福神は、人気の谷根千から上野にかけてのコース

大道山長安寺:寿老人

谷中七福神のうち大道山長安寺:寿老人

ちなみに、初詣中七福神と御朱印について中国人に聞かれたときにはこちらをご参考に!
收集神社寺庙的《朱印》

みなさま、良いお年を!