Archives for 熊野三山

御朱印

熊野古道を歩いて神域に至る過程を味わえる熊野那智大社

補陀洛渡海に思いを馳せ、熊野古道を経て那智大社へ 熊野那智大社に行く前に那智駅からほど近い補陀落山寺に向かいました。この補陀落山寺は補陀洛渡海(ふだらくとかい)の出発点として有名な場所で、もちろん世界遺産「紀伊山地の霊場
続きを読む»
熊野三山

かつては熊野川の中州に鎮座していたという熊野本宮大社(熊野三山)

天然の不浄の地があだになったのか、はたまた神域ゆえ全壊を免れたのか? 明治22年、秋雨前線に台風が接近し「十津川大水害」と呼ばれる大規模水害をもたらしました。十津川は警視庁所属の警部の名前奈良県を源流として熊野灘にそそぎ
続きを読む»
御朱印

朱塗りの壮麗な社殿が本宮と対照的な熊野速玉大社(熊野三山)

熊野の神々は、神倉山に降臨したといわれています。この地には現在熊野速玉神社の摂社となっている神倉神社があります。その神倉山に降り立った神々を、社殿(新宮)を作りお迎えしたのが熊野速玉神社のはじまりといわれています。その名
続きを読む»