Archives for 12月, 2015

旅行

鹿だけじゃない。巨大仏像をオナカいっぱい堪能してもまだまだ見きれない奈良旅行2泊3日=一日目

7月の海の日がらみの三連休、修学旅行が途絶える夏休みを狙って二泊三日で奈良へ行ってきました。目的は巨大仏像や神社仏閣巡りであることは言うまでもありません。そしてハードウォーキング&サイクリングも。高校の修学旅行以来の奈良
続きを読む»
御朱印

魔が去る縁起の良い年2016年申年のお正月初詣にお勧めの猿モチーフの神社仏閣をご紹介

間もなく来たる2016年は申年です。 猿知恵、猿まね、猿芝居など、猿は人間に近いのが仇になり、猿由来の慣用句にはロクなものがありませんが、いやいやしかし、全国に3000とか4000とかある日吉・山王・日枝系の神社では猿を
続きを読む»
東京散歩

巡礼ロスを癒してくれるかもしれない江東水路巡りのウォーミングアップ、江戸川区の新川千本桜

大量輸送手段が水運に限られた江戸時代、江戸の町を日本の首都(というか幕府の所在地)として構築し、キープするために、徳川家康は物資を江戸に運び込むため、そして土地の確保と治水のために最初に水路を整備しました。 その一つが現
続きを読む»
写真

お気に入りの天狗の小径を抜けて、いざ導了尊の紅葉観賞へ

もうクリスマス・年末の時期になってしまいましたが、2015年の紅葉の写真を掲載します。 訪れたのは導了尊の名で知られる大雄山最乗寺。関東三十六不動の札所でもあります。最初に訪れたのは関東三十六不動巡礼で、その時にこのお寺
続きを読む»
御朱印

九品山唯在念仏院浄真寺は九品仏駅の由来九体の阿弥陀如来も有名だが、本堂のアフロ阿弥陀如来も見逃せない

南無阿弥陀仏と唱える(念仏)とどんなに人でも極楽浄土に行けることから庶民に大人気を博した浄土宗。その西方極楽浄土に住み、死に際して迎えに来てくれるのが南無阿弥陀仏の阿弥陀如来です。 さて、人が死後極楽に行く際、その人の行
続きを読む»
中国語

参观啤酒工厂的时候取得了倒啤酒的好办法

有一天,我在神奈川县横滨健走的时候发现一家工厂。那家工厂就是麒麟啤酒的啤酒工厂,在门前的招牌上写着“观众入口”。原来那家工厂平常让一般人参观工厂组织一日游。 几年前,我参加过一次威士忌工厂一日游 ,那时参加的一日游,先参
続きを読む»
写真

せっかくの石舞台古墳でもう少し個性的な写真が撮れなかったものかと反省する

考古学者でなければ古墳荒らしや盗掘者ではないと見られないであろう古墳の石室がむき出しになったのが石舞台古墳。蘇我馬子の古墳であるとの説が有力です。 いつごろから石室むき出しになってしまったのかは明らかにされていませんが、
続きを読む»
写真

得意の絶頂蘇我蝦夷・入鹿親子の邸宅の遺構も最近になって出土したらしい甘樫丘

蘇我入鹿が中大兄皇子と中臣鎌足に討たれたあの事件、「ムシコ(645)ロして滅んだ蘇我一族」という語呂合わせで覚えたアレは、昭和中期生まれの私の世代は「大化の改新」と習いました。 しかし今では暗殺事件自体は「乙巳の変」と呼
続きを読む»
御朱印

中金堂は復元工事中なれど日本仏像界ダントツ人気の阿修羅像を見るだけでも興福寺に行く価値はあるでしょう

元々は山背国、現在でいうと京都の山科区に藤原鎌足の婦人が夫の病気平癒のために建立した山階寺がその始まり、その後遷都によって飛鳥→奈良と移ってきました。奈良に移った際、当時の一族の長である藤原不比等によって興福寺の名になり
続きを読む»
御朱印

天平の甍で有名な唐招提寺金堂の屋根は、本当はもっと羽ばたく鳥のようであったそうな

奈良旅行の予習として唐招提寺の開創鑑真を描いた永井路子さんの「氷輪」を読んでいたので、唐招提寺は是非じっくり・ゆっくりと見たいと思っていました。 折しも蓮の花が美しい時期。奈良市観光協会では「奈良・西ノ京ロータスロード」
続きを読む»
12